2022年度版「公務員をめざそう」
19/28

萩はぎうだ生田 珠しゅい以さん法学部 法律学科中央大学附属(小金井市)高等学校小こばやし林 明あかり莉さん商学部 会計学科県立船橋高等学校国税専門官財務専門官公務員を目指した理由 初めは漠然とあらゆる人の為になる仕事をしたいと考え公務員を志望しました。家族にも公務員が多かった為、自然と選択肢の一つとして考えていました。中でも国税専門官を選んだ理由は、専門性の高い仕事ができ、正義感をもって取り組む国税専門官の仕事の重要性に惹かれたからです。また実際に就活を進めていく中で、自分の性格に1番向いている職業だと実感したことも最終的に国税専門官を選んだ決め手です。勉強方法 大学3年生の9月頃に学内講座の受講を開始しました。その時にはまだ国税専門官を第一志望と考えていなかった為、商法や会計学などの必須科目の勉強はせず、他の公務員試験にも使える科目を重点的に勉強しました。結果的にそれらの勉強をしなくても筆記試験は受かりましたが、面接に自信がない方や志望度が高い方は勉強しておくことを強く勧めます。私は年末までにあまり勉強の進捗が順調な方ではなかったため、どこを集中的に勉強していくと効率的なのかを意識し、スマートフォンのアプリを使って、どの科目にどのくらい勉強時間を使っているのかを分公務員を目指した理由 私が公務員を意識したきっかけは、部活動の先輩が行政機関に就職したことです。そこから官民両方の説明会やインターンシップに参加する中で、多くの人のために働けること、様々な機関や業種と協働できることに魅力を感じ、公務員を志望するようになりました。 財務専門官を志望したのは、国家公務員として国に貢献しながらも、財政・金融の専門として現場に出向き地域にも貢献できる幅広い業務に魅力を感じたからです。また、参加したインターンシップでは沢山の職員の方と話す機会で皆さんの温かさを感じ、また、職員同士明るく会話をしながら公務を行う姿を見て、自分もここで働きたいと思うようになりました。勉強方法 コロナ禍が始まった年のため、自宅で勉強しました。その中で意識したことはメリハリをつけること、毎日できるだけ多くの科目に触れることです。家では怠けやすいので、1日のルーティンを決めてメリハリをつけていました。私は、午前は教養科目、昼は専門科目の講義、夕方からは今まで勉強した科目の復習と決めていました。授業や部活で計画通りに行動できない日は、すき間時間で勉強するように心掛けました。3年後期からは、毎日多くの科目を勉強することを意識しました。公務員試験は多くの科目が出題されます。苦手な科目・分野を減らし、どの科目でも安定して点が取れるように、バランスを考えて勉強量・時間を調節していました。中央大学の利点 私は中央大学キャリアセンターに大変お世話になりました。一つは、後期にある公務研究セミナー(学内説明会)では多くの行政機関の説明会かるようにしました。国税専門官の試験は筆記試験の方が比重は大きいですが、面接の評価が内定を取る上では重要になる為、早い段階から面接対策も進めると良いと思います。公務員試験に向けたモチベーションの保ち方 色々な職種のサイトやパンフレットをみながら自分の働く姿のイメージを膨らませたり、友達や家族、予備校の先生に悩んでいることを話したりすることで自分の気持ちを整理しやる気を高めるようにしていました。コロナ禍の就活でもあったため、自宅内で気楽にリフレッシュできる方法を探し、毎日の犬の散歩で気分を変えたり、今となっては自分の趣味につながった料理や筋トレなどでリフレッシュしたりしていました。公務員試験は長期的なものなので、自分のやる気をどう引き出してコントロールしていくか、自分に合う方法を見つけると勉強がより一層捗ると思います。後輩へのメッセージ 私自身心配性な性格もあり、初めは分からないことばかりで戸惑うことも多かったです。でもそれは自分の将来に対して考えられているということでもあり、周りも先輩も同じ思いをしていることなので、あまり深く考えなくても大丈夫だと就活を終えた身として伝えたいです。特に公務員試験は民間就活より遅いので不安も強く感じますが、周りと比べず自分が今できることをすることが大事だと思います。そして不安な時や迷っている時には実際に自分の足で動いて色々な情報を得ると、自分の将来への興味や視野が広がる良い機会にもなると思います。私は初めから国税専門官になりたいという強い意志があったわけではありませんでしたが、結果的に国税専門官を選んだことをとても嬉しく思います。自分が納得して終われるように、時間を大切に自分の意思を尊重して励んでください。応援しています。に参加することができ、受験先・志望先選びにとても役立ちました。もう一つは、個人面談を利用して就活の相談からエントリーシートの添削、模擬面接と様々な場面でお世話になり、心強い味方として頼りにしていました。在学中、勉強以外に頑張ったこと 部活動をやりぬいたことと、様々な就活イベントに参加することです。 部活動への参加は、公務員試験勉強との両立で悩んだこともありましたが、悔いの無いようにしたいと思い、最後まで積極的に参加しました。筆記試験後の面接では、部活動の出来事を自信をもって話すことができたので、やりぬいてよかったと思います。 就活イベントへの参加は、自分の志望・進路を見極める上で有効的でした。学生だからこそ様々な業界・職種で働く方々の話を聴くことができたと思うので、とても貴重な機会だったと感じています。ぜひ皆さんも、官民ともに様々な就活イベントに参加してみてください。新たな出会いや今までになかった視点が得ることができ、充実した就職活動になると思います。内定者の声18公務員をめざそう国家公務員専門職

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る